ダイズイソフラボンの骨粗鬆症予防効果に関する研究

ダイズイソフラボンの骨粗鬆症予防効果に関する研究

課題番号2011018677
研究期間2011-2013
年度2011
中課題ダイズイソフラボンの骨粗鬆症予防効果に関する研究
摘要1)骨粗鬆症モデルマウスにおいて、イソフラボンの摂取はエストロゲン欠乏に起因する大腿骨および脛骨骨密度の低下を抑制した。特に海綿骨の多い遠位部や近位部に対するイソフラボンの骨吸収抑制作用が顕著であった。2)ダイズイソフラボン分析の標準作業手順書を作成し、それに従いダイズイソフラボン標準品及び乾燥ダイズ粉末の分析を行った。その結果、各ダイズイソフラボン分子種のピークは明確に分離しており、原点を通過する直線性の高い検量線が得られた。
予算区分委託プロ[医食同源プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175631
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat