脳虚血性認知症モデル動物における抗認知症成分の抗認知作用評価

脳虚血性認知症モデル動物における抗認知症成分の抗認知作用評価

課題番号2011018697
研究期間2011-2013
年度2011
中課題脳虚血性認知症モデル動物における抗認知症成分の抗認知作用評価
摘要パーキンソン病モデルマウスにおいて、ノビレチンは、記憶分子であるCaMKIIを活性化することにより記憶を改善すること、ドパミン神経の活性上昇により錐体外路系症状を改善することを明らかとした。
予算区分委託プロ[医食同源プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175651
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat