鳥インフルエンザウイルス感染動物における発病要因の解析

鳥インフルエンザウイルス感染動物における発病要因の解析

課題番号2011018726
研究期間2008-2012
年度2011
中課題鳥インフルエンザウイルス感染動物における発病要因の解析
摘要自然免疫関連遺伝子による抗ウイルス作用の機序の解明のため、これまでに本プロジェクトでクローニングされた細胞内PRRS遺伝子の鶏細胞内での機能解析を行った。
予算区分委託プロ[鳥インフル・BSE・口蹄疫プロ]
業績(1)Host immune-related gene responses against highly pathogenic avian influenza virus infection in vitro differ among chicken cell lines established from different organs
(2)Host immune-related gene responses against highly pathogenic avian influenza virus infection in vitro differ among chicken cell lines established from different organs
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175673
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat