プリオン株における性状変化の要因解析

プリオン株における性状変化の要因解析

課題番号2011018746
研究期間2008-2012
年度2011
中課題プリオン株における性状変化の要因解析
摘要羊の脳、脾臓の野生型マウスおよび牛型PrP過発現マウスへの伝達試験を継続するとともに、新たな実験感染羊について、PrPScの解析と伝達試験を行った。また、羊スクレイピーの解析のため、羊型PrP過発現マウスを導入、繁殖し、感染実験を開始した。さらに、伝達試験が不可能な過去のスクレイピー症例についてPrPScの型別を試みた。
予算区分委託プロ[鳥インフル・BSE・口蹄疫プロ]
業績(1)Comparative analysis of Japanese and foreign L-type BSE prions
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175693
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat