安定同位体比法による畑作物のカドミウム汚染リスク予測技術の開発

安定同位体比法による畑作物のカドミウム汚染リスク予測技術の開発

課題番号2011018887
研究期間2008-2012
年度2011
中課題安定同位体比法による畑作物のカドミウム汚染リスク予測技術の開発
摘要コムギ子実Cd濃度は、作土のE1および次層のE1と有意な相関があり、次層との相関がより強い傾向にあることを明らかにした。ダイズ子実Cd濃度は、作土のE1と有意な相関があり、両品種で傾きがほぼ等しいことから、両者はまとめて解析可能である。コムギ子実Cd濃度は、次層のE1、作土のr1/Rとnから予測できることを明らかにした。
予算区分委託プロ[リスク低減プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175820
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat