土壌からのPOPs抽出法改良による作物吸収量推定技術の開発

土壌からのPOPs抽出法改良による作物吸収量推定技術の開発

課題番号2011018888
研究期間2008-2012
年度2011
中課題土壌からのPOPs抽出法改良による作物吸収量推定技術の開発
摘要50%メタノール・水で標準土壌からのディルドリンのケイソウ土カラムのみの簡易抽出法を開発した。・50%メタノール・水におけるディルドリンと活性炭の吸着等温線は直線回帰することを明らかにした。各圃場におけるヘプタクロルエポキサイド(HPEX)濃度は圃場内の土壌中POPs濃度は大きくばらつくことなどから、過去にPOPsを散布した場所が原因として推察された。
予算区分委託プロ[リスク低減プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175821
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat