高吸収植物を利用した土壌浄化技術の開発

高吸収植物を利用した土壌浄化技術の開発

課題番号2011018896
研究期間2008-2012
年度2011
中課題高吸収植物を利用した土壌浄化技術の開発
摘要ディルドリン溶出能、ズッキーニ幼植物の生育阻害程度、コストの面から、界面活性剤としてTD150を選定し、添加濃度3%程度でズッキーニの生育を阻害することを明らかにした。さらに、ズッキーニは対象物質がHCHs・DDTsであっても、構造の違いによらず数%程度を土壌から吸収することを示した。
予算区分委託プロ[リスク低減プロ]
業績(1)Size fractionation of clay and soil microparticles by continuous-flow ultracentrifugation
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175829
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat