イネリグニン合成パスウェイの改変

イネリグニン合成パスウェイの改変

課題番号2011018974
研究期間2008-2012
年度2011
中課題イネリグニン合成パスウェイの改変
摘要イネゲノムプロジェクトによって得られた成果を活用し、第二世代バイオ燃料開発に資するイネの分子育種を行うことを目的としている。本年度は、既に作出したイネリグニン生合成関連遺伝子の発現制御を行った形質転換イネを大量に栽培するとともに、その細胞壁成分の糖化性並びにリグニン量等の評価を行った。その結果、リグニン量の低下とともに酵素糖化性が著しく向上した個体が多数得られ、当初の予定通りの成果を得ている。
予算区分委託プロ[新農業展開ゲノムプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175901
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat