イネの耐倒伏性に関与する遺伝子の単離と機能解析

イネの耐倒伏性に関与する遺伝子の単離と機能解析

課題番号2011019002
研究期間2008-2012
年度2011
中課題イネの耐倒伏性に関与する遺伝子の単離と機能解析
摘要新規太稈QTL遺伝子の単離を目指して中国117号とコシヒカリのBILを用いたQTL解析を行い、第3染色体の長腕領域に座乗するQTLを見いだし、そのファインマッピングを行った結果、97KbにQTLの領域を特定しその領域内に単一の遺伝子を見いだした。さらに、強稈を誘導するAP2型転写因子についての解析を行い、強稈の原因が細胞分裂の異常に依存することを明らかにした。
予算区分委託プロ[新農業展開ゲノムプロ]
業績(1)Artificial selection for a green revolution gene during japonica rice domestication
(2)Comprehensive network analysis of anther-expressed genes in rice by the combination of 33 laser microdissection and 143 spatiotemporal microarrays
(3)The role of QTLs in the breeding of high-yielding rice
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175929
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat