イネのケイ酸輸送とアルミニウム耐性に関与する遺伝子の単離と機能解析

イネのケイ酸輸送とアルミニウム耐性に関与する遺伝子の単離と機能解析

課題番号2011019004
研究期間2008-2012
年度2011
中課題イネのケイ酸輸送とアルミニウム耐性に関与する遺伝子の単離と機能解析
摘要根特異的に発現する遺伝子のプロモーター制御下でイネケイ酸トランスポーター遺伝子Lsi1をケイ素非集積植物であるシロイヌナズナに導入した結果、ケイ酸の集積が高まった。またイネの生殖成長期においてLsi6が蒸散量の少ない器官(葉鞘や穂)へのケイ素の分配に重要な役割が果たしていることを明らかにした。アルミニウム耐性転写調節因子ART1と結合するタンパク質が存在する可能性を見出した。またその下流の遺伝子の一つであるOsFRDL4の発現量がイネアルミニウム耐性の品種間差に寄与する一因であることを明らかにした。
予算区分委託プロ[新農業展開ゲノムプロ]
業績(1)Isolation and functional characterization of an influx silicon transporter in two pumpkin cultivars contrasting in silicon accumulation
(2)The aromatic/arginine selectivity filter of NIP aquaporins plays a critical role in substrate selectivity for silicon, boron, and arsenic
(3)An Al-inducible MATE gene is involved in external detoxification of Al in rice
(4)Silicon efflux transporters isolated from two pumpkin cultivars contrasting in Si uptake
(5)Identification of a cis-acting element of ART1, a C2H2-type zinc-finger transcription factor for aluminum tolerance in rice
(6)High-resolution secondary ion mass spectrometry reveals the contrasting subcellular distribution of arsenic and silicon in rice roots
(7)Further characterization of a rice Si efflux transporter, Lsi2
(8)A leucine-rich repeat receptor-like kinase gene is involved in the specification of outer cell layers in rice roots
(9)A tonoplast-localized half-size ABC transporter is required for internal detoxification of aluminum in rice
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175931
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat