イネの耐湿性に寄与する遺伝子の同定と機能解析

イネの耐湿性に寄与する遺伝子の同定と機能解析

課題番号2011019010
研究期間2008-2012
年度2011
中課題イネの耐湿性に寄与する遺伝子の同定と機能解析
摘要イネの根の酸素漏出を防ぐバリア(ROLバリア)の形成過程で発現が変化する転写因子遺伝子の機能解析を行い、ROLバリア形成を調節する転写因子の特定を進めた。今年度は、 OsNAC34遺伝子の詳細な機能解析を行い、OsNAC34が一部のスベリン生合成系遺伝子の発現を調節すること、ROLバリア形成に関与することを明らかにした。さらに、 OsNAC34遺伝子をアグロバクテリウム法でコムギに形質転換し、現在、T0世代の植物を育成中である。
予算区分委託プロ[新農業展開ゲノムプロ]
業績(1)Cell division and cell elongation in the coleoptile of rice alcohol dehydrogenase 1-deficient mutant are reduced under complete submergence
(2)Genome-wide transcriptome dissection of the rice root system: implications for developmental and physiological functions
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175937
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat