低温条件における苗立ち特性の検定と遺伝的解析

低温条件における苗立ち特性の検定と遺伝的解析

課題番号2011019041
研究期間2008-2012
年度2011
中課題低温条件における苗立ち特性の検定と遺伝的解析
摘要過年度の解析で苗立ち性に関与すると推定された9か所の染色体領域のうち、2か所における遺伝子の作用を検証した。圃場での苗立ち性検定と遺伝解析の結果、1か所における遺伝子(qSES11)が苗立ち性向上に有効であること、ならびにqSES11が第11染色体上の3.9 Mbpの領域に座乗することが推定された。
予算区分委託プロ[新農業展開ゲノムプロ]
業績(1)Selection for low-temperature germinability on the short arm of chromosome 3 in rice cultivars adapted to Hokkaido, Japan
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175968
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat