閉花性稲を実用化するための研究:関東・北陸以西向け閉花受粉性稲の特性評価

閉花性稲を実用化するための研究:関東・北陸以西向け閉花受粉性稲の特性評価

課題番号2011019134
研究期間2011-2012
年度2011
中課題閉花性稲を実用化するための研究:関東・北陸以西向け閉花受粉性稲の特性評価
摘要水稲のspw1-cls変異体および準同質遺伝子系統を栽培し、各種形質を調査・評価し、閉花受粉性への環境条件の影響を検討するとともに、優良系統を得るために初期選抜を行った。また、spw1-clsと各栽培品種とを識別するDNAマーカーの探索を行った。
予算区分委託プロ[新農業展開ゲノムプロ]
業績(1)Is the lodicule a petal: Molecular evidence?
(2)Flower development in rice
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176061
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat