イオンチャネルの構築と薬理効果の測定技術の改良

イオンチャネルの構築と薬理効果の測定技術の改良

課題番号2011019163
研究期間2007-2011
年度2011
中課題イオンチャネルの構築と薬理効果の測定技術の改良
摘要カイコグルタミン酸受容体のアイソフォーム機能解析を行い、アイソフォームの違いを生むアミノ酸配列は細胞で機能的に発現する受容体密度を既定することが明らかとなったBmGluClのアイソフォームをモデリングし、選択的スプライシングを生じるexonが規定するアミノ酸の一つがサブユニット間の静電的相互作用に関わり、サブユニットの集合効率を既定することを発見した。
予算区分委託プロ[動物ゲノム]
業績(1)A fungal metabolite asperparaline A strongly and selectively blocks insect nicotinic acetylcholine receptors: The first report on the mode of action
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176089
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat