スギ花粉症治療米の医薬品としての安全性評価及び治験

スギ花粉症治療米の医薬品としての安全性評価及び治験

課題番号2011019183
研究期間2010-2014
年度2011
中課題スギ花粉症治療米の医薬品としての安全性評価及び治験
摘要ラットやカニクイザルへの通常米を用いた13週反復毒性試験を行った。
予算区分委託プロ[アグリ・ヘルス]
業績(1)国際アレルギー学会(WAO)国際科学会議報告
(2)アレルギーをめぐるトレンド抗IgE抗体療法
(3)アレルギー病因論の新しい展開と重症アレルギーを特徴付けるステロイド抵抗性について
(4)重症喘息の病態と真菌抗原による非IgE依存性喘息反応
(5)アトピー型喘息と非アトピー型喘息の病態機序
(6)Prevention of allergic asthma by vaccination with transgenic rice seed expressing mite allergen: induction of allergen-specific oral tolerance without bystander suppression.
(7)CD44 is critical for A crucial role of airway accumulation of antigen-specific Th2 cells, but not Th1 cells, induced by antigen challenge in mice.
(8)Comparative analysis of steroid sensitivity of Th cells in vitro and in vivo.
(9)Zinc finger protein, multitype 1 suppresses human Th2 development via down-regulation of IL-4.
(10)Selective down-regulation of Th2-mediated airway inflammation in mice by pharmacological intervention of CCR4
(11)高IgE症候群
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176103
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat