ウシ由来IFNおよびGM-CSF発現カイコ系統の開発と効率的抽出・精製法の構築

ウシ由来IFNおよびGM-CSF発現カイコ系統の開発と効率的抽出・精製法の構築

課題番号2011019206
研究期間2010-2014
年度2011
中課題ウシ由来IFNおよびGM-CSF発現カイコ系統の開発と効率的抽出・精製法の構築
摘要遺伝子組換えカイコを用いてウシインターフェロン-γ(INF-γ)の調製を行い、約250μgの精製IFN-γを調製した。また、組換え産物の生産効率を向上させるためベクターの改良を進め、ウシ顆粒球マクロファージ・コロニー刺激因子(GM-CSF)を発現する遺伝子組換えカイコの作出と試験飼育を行った。
予算区分委託プロ[アグリ・ヘルス]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176126
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat