リモートセンシングと地上観測による林分構造の広域的評価手法の開発

リモートセンシングと地上観測による林分構造の広域的評価手法の開発

課題番号2011019244
研究期間2010-2014
年度2011
中課題リモートセンシングと地上観測による林分構造の広域的評価手法の開発
摘要東北・九州地方でも適用可能な森林域と非森林域の分離手法を開発。
予算区分委託プロ[気候変動対策プロ]
業績(1)九州地方における衛星データ、数値標高モデルおよび気象データを併用した森林分布図作成手法の検討
(2)国家森林資源調査データに基づく地域レベルの平均蓄積推定。衛星データを利用した事後層化による推定精度の改善
(3)Analyzing the Effects of Enviromental Factors on the Site Indexes of Sugi (Cryptomeria Japonica) and Hinoki(Chamaecyparis obtusa) Manmade Coniferous Forest Standes in the Shikoku National Forest Using GIS
(4)Simple model for soil CO2 CH4 and N2O fluxes calibrated using a Bayesian approach and multi-site data
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176150
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat