衛生・再解析データを用いた高時空間分解能二酸化炭素分圧グリッドデータの作成手法の開発

衛生・再解析データを用いた高時空間分解能二酸化炭素分圧グリッドデータの作成手法の開発

課題番号2011019252
研究期間2010-2014
年度2011
中課題衛生・再解析データを用いた高時空間分解能二酸化炭素分圧グリッドデータの作成手法の開発
摘要ニューラルネット枠を用いて北太平洋版の高解像度pCO2グリッドデータを作成。日本EEZ海域の年間CO2吸収量を見積もった。
予算区分委託プロ[気候変動対策プロ]
業績(1)Climate Impacts on the Structures of the North Pacific air-sea CO2 Flux Variability
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176158
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat