水田における堆肥中リン酸の利用技術の開発

水田における堆肥中リン酸の利用技術の開発

課題番号2011019336
研究期間2009-2013
年度2011
中課題水田における堆肥中リン酸の利用技術の開発
摘要易分解性有機物の多い堆肥の水田での適正利用を図るため、水田での高窒素鶏ふん肥料連用試験を継続し、水稲生育・収量、メタン発生量を調査した。その結果、高窒素鶏ふん区の施肥量は持ち出し量と同程度であるが,低窒素鶏ふん区はリン酸,加里について過大な施用となることが判明した。高窒素鶏ふん区の栽培期間中のメタン発生量は、低窒素鶏ふん堆肥区に比べ大幅に軽減できた。堆肥の易分解性有機物の指標である酸性デタージェント可溶有機物(ADOM)の投入量と水稲移植1ヶ月後の茎数をポット試験にて調査した結果、1ポット当たり5gを超えると茎数が減少する傾向が伺えた。
予算区分委託プロ[気候変動対策プロ]
業績(1)酸性デタージェント可溶有機物量による鶏ふん堆肥,豚ぷん堆肥のメタン発生ポテンシャルの評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176242
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat