菌根依存性のネギ品種間差に基づくリン減肥技術の開発

菌根依存性のネギ品種間差に基づくリン減肥技術の開発

課題番号2011019363
研究期間2009-2013
年度2011
中課題菌根依存性のネギ品種間差に基づくリン減肥技術の開発
摘要山形県内の土壌からスクリーニングした土着の菌根菌の増殖及び山形県内の異なる圃場におけるネギ品種への菌根菌の接種効果を解明するため、ポット培養により分離菌株の増殖を行い、また3段階のリンレベルの2ヶ所の圃場にVA菌根菌接種区と非接種区を設けネギを生育させ、菌根形成率、地上部リン含有率及び地上部乾物重を測定した。その結果山形県内の土壌からスクリーニングした土着VA菌根菌2菌株の接種源を調整することができ、山形県奨励ネギ品種の育苗段階での菌根菌接種により2ヶ所の圃場において地上部生育を促進することができた。
予算区分委託プロ[気候変動対策プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176269
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat