有機野菜栽培圃場における植物寄生性線虫密度抑制機構の解明

有機野菜栽培圃場における植物寄生性線虫密度抑制機構の解明

課題番号2011019385
研究期間2009-2013
年度2011
中課題有機野菜栽培圃場における植物寄生性線虫密度抑制機構の解明
摘要有機農法の実践と植物寄生性線虫に対する密度抑止性との関連性を評価するため、多数の有機農家圃場の線虫相を調査し、慣行圃場の線虫相との比較を行った。また、有機農法に適したキタネグサレセンチュウ防除対策を確立するため、対抗植物エン麦野生種の線虫密度低減効果を有機農家圃場で検証した。その結果、有機農家圃場ではキタネグサレセンチュウが普遍的に発生している実態が明らかになった。また、エン麦野生種の栽培によりキタネグサレセンチュウ密度を平均80〜90%低減できることを確認した。しかし、雑草の生育量が多い場合には、その量の応じて低減効果が減衰することが明らかになった。雑草の根で線虫が増えるためにエン麦野生種による低減効果が相対的に減少すると考えられ、高い防除効果を得るには雑草抑制が重要であると考えられた。
予算区分委託プロ[気候変動対策プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176291
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat