傾斜圃場におけるカラシナの鋤き込みと補助手段の併用による防除効果向上および鋤き込み期間短縮

傾斜圃場におけるカラシナの鋤き込みと補助手段の併用による防除効果向上および鋤き込み期間短縮

課題番号2011019416
研究期間2009-2013
年度2011
中課題傾斜圃場におけるカラシナの鋤き込みと補助手段の併用による防除効果向上および鋤き込み期間短縮
摘要夏作ホウレンソウでは萎凋病の被害が問題となっている。そこで、傾斜地においてカラシナ鋤込みによる土壌消毒法を確立するため、補助手段として、2重被覆の効果を検討した。カラシナを鋤込み、散水後、24日間透明フィルムで1重あるいは2重に被覆した。被覆中、還元化は不十分であったが、2重被覆により地下10cmの地温40℃以上の積算時間は98.5時間と延長された。鋤込み期間は昨年より11日短縮でき、防除価は1重区で62.8、2重区では97.9と効果が上昇した。収量も2重区で無処理の3.5倍に増収した。以上の結果より、高い土壌水分が保持できない傾斜地でも、カラシナ鋤込み法は、2重被覆することで効果が向上することを明らかにした。
予算区分委託プロ[気候変動対策プロ]
業績(1)カラシナを用いた土壌還元消毒によるホウレンソウ萎凋病の防除
(2)カラシナ鋤込み時の土壌水分がホウレンソウ萎凋病の防除効果に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176322
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat