大規模ジェノタイピング等の活用による品種育成の加速化及び有望系統の普及支援

大規模ジェノタイピング等の活用による品種育成の加速化及び有望系統の普及支援

課題番号2011019446
研究期間2011-2014
年度2011
中課題大規模ジェノタイピング等の活用による品種育成の加速化及び有望系統の普及支援
摘要イネを対照とした各研究課題の支援を行った。詳細は以下の通りである。1)高温耐性有望系統(高温耐性:やや強以上)及びそれらの交配親のSNP解析計34点。2)遺伝子型解析(多型調査7点、遺伝子型調査13点及び大規模選抜4点)、3) 石垣島の亜熱帯環境を利用した、計159集団の世代促進。
予算区分委託プロ[気候変動対策プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176352
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat