チャ園におけるトラップ設置基準及び評価手法の開発

チャ園におけるトラップ設置基準及び評価手法の開発

課題番号2011019587
研究期間2008-2011
年度2011
中課題チャ園におけるトラップ設置基準及び評価手法の開発
摘要当該委託研究では、チャ園における客観的で効率的な調査手法を開発するために、ピットフォールトラップ法や黄色粘着トラップ法、たたき落とし法による調査を行った。調査の結果、着脱が容易で農作業に支障のない黄色粘着トラップ装置を開発し、妥当な調査結果を得るためのピットフォールトラップの設置個数および設置期間を明らかにし、たたき落としに用いるバットの大きさおよび調査時期を明らかにした。
予算区分委託プロ[生物多様性プロ]
業績(1)誘蛾灯を利用した茶園のゴミムシ類の種多様性評価とその有効性
(2)茶園におけるゴミムシ群集の多様性評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176487
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat