土壌診断の活用による有機栽培畑の生産安定化と環境負荷低減

土壌診断の活用による有機栽培畑の生産安定化と環境負荷低減

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部中央農業試験場(農業研究本部を含む)
課題種別試験研究課題
研究期間継H23-H26
年度2011
概要土壌診断に基づく施肥対応技術の実践により,良質有機農産物の低コスト安定生産と窒素溶脱などの環境負荷の低減が両立できることを実証するとともに,土壌診断技術の普及・定着を図るため,道内での有機栽培面積や生産量が多い,たまねぎ,ばれいしょに対する施肥対応技術を新たに開発する。
研究分担栽環
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176653
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat