ダイズの草型関連遺伝子座の同定と遺伝子単離

ダイズの草型関連遺伝子座の同定と遺伝子単離

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部十勝農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜24
年度2011
概要目的:収量性や機械化収穫適性に関与する草型形質(分枝数、花梗長など)を制御する遺伝子座を同定し、DNA マーカーおよび有用育種素材を開発する。
、期待される成果とその活用策:有用草型を持つ育種素材とDNAマーカーが開発され、今後の多収育種に活用される。
研究分担豆類グループ
予算区分受託(独法)
業績(1)Mapping and use of QTLs controlling pod dehiscence in soybean.
(2)ダイズの茎頂花房長に関するQTL解析
(3)ダイズの分枝数と伸育性遺伝子との関係
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176824
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat