省力技術を導入したてんさい生産の経済性の解明

省力技術を導入したてんさい生産の経済性の解明

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部十勝農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜23
年度2011
概要目的:道内各地において、省力的な栽培体系を導入した経営における導入目的と課題および生産費を明らかにし、てんさいの安定生産に貢献し得る経済的な指標を提示する。
、成果:移植栽培の作付面積拡大には、重量当たり生産費が粗収益(品代、交付金)と均衡する6,200kg/10a 以上の収量が必要になることを明らかにした。
研究分担生産システムグループ
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176862
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat