クリーン農業技術の温暖化ガス排出削減量推定調査

クリーン農業技術の温暖化ガス排出削減量推定調査

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部根釧農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2011
概要【目的】クリーン農業技術導入による温暖化ガス排出量の変化を評価する。
、【成果】牧草では施肥、収穫・運搬・堆積の工程においてGHG排出量のウエイトが高かった。ふん尿主体施肥の導入により、施肥の工程においてGHG排出量の削減率が高まることが示唆された。施肥の工程における変化は、資材投入量の減少に伴い資材の製造に要した間接排出が減じたことによる影響が大きかった。
研究分担根釧地域、中央生シ、十勝生シ
予算区分道単(各部)
業績(1)根釧地方の火山性土における草地更新後2ヵ月間の温室効果ガス発生量
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176932
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat