食料自給率向上と高品質安定生産を実現する小麦・大麦品種の育成と普及促進(春まき小麦)

  食料自給率向上と高品質安定生産を実現する小麦・大麦品種の育成と普及促進(春まき小麦)

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
、H23〜25
年度2011
概要 a 試験目的:寒地向けパン用春まき小麦の品種化と、品種化後の速やかな普及に向け、有望系統の諸特性を明らかにする。
、 b 試験方法:小麦新品種育成に関する試験方法要綱および小麦品質検定方法による。
、 c 成績の概要:「北見春71号」は「春よ恋」と比較して成熟期は同程度で、穂数が多く、耐倒伏性が優れ、収量性は同程度から優れた。原粒蛋白含量は0.4〜1.0%程度低かった。ミリングスコアは優れた。ファリノグラムのAb(吸水)、VVは同程度であった。パン試験の総合点はやや劣った。「北見春72号」は「春よ恋」と比較して、成熟期は同程度で、耐倒伏性が優れ、収量性は同程度〜やや劣った。千粒重が大きかった。原粒蛋白含量は0.5〜1.4%低かった。ミリングスコアはやや劣り、ファリノグラムのAb(吸水)は同程度で、VVは低かった。パン試験の総合点はやや劣った。供試したいずれの品種系統も、ともに基肥増肥や止葉期追肥によって子実重が増加する傾向にあった。「春よ恋」は基肥の増加によって穂数が増加し、倒伏程度が高まったが、「北見春71号」と「北見春72号」は基肥増肥、止葉追肥においてもほとんど倒伏が発生しなかった。原粒蛋白含量は基肥増肥では変化がなかったが止葉期追肥では0.2〜0.3%向上した。「北見春71号」「北見春72号」は、耐倒伏性が「春よ恋」よりも明らかに優れており、窒素施肥量を増加した栽培が可能であると考えられた。両系統とも蛋白含量がやや低めである事から、蛋白含量の向上に効果のある生育後期の窒素追肥が必要と考えられた。
、 有望系統として「北見春71号」「北見春72号」および標準・比較3品種を生産力試験に供試した。「北見春71号」は本試験および各地の奨励品種決定調査において多収で耐倒伏性が優れる評価を受け、継続検討とした。「北見春72号」は、耐倒伏性に優れ、赤かび病抵抗性が優れたが、黒目粒率がやや多く、各場において収量性が標準品種並であったため打ち切りとした。
研究分担麦類グループ
予算区分受託
、(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176949
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat