直播てんさいに対するカリ施肥技術の改善

直播てんさいに対するカリ施肥技術の改善

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
、H23
年度2011
概要 a 試験目的:直播てんさいに対する塩加の適用の可否と、濃度障害対策としてのけい酸加里の有効性を検討する。
、 b 試験方法: 塩加およびけい酸加里の施用効果の検討・試験地:北見農試場内圃場(多湿黒ボク土)、佐呂間町(灰色台地土)・処理区:(全層施肥、分施)×(塩加区、けい酸加里区、対照区(硫加)、無カリ区)
、 c 成績の概要:
、 (a) 生育については、全層施肥条件では農試・現地ともに処理区間差はなかったが、分施条件では硫加区の生育が最も良好で、塩加区では乾重が硫加区に劣った。けい酸加里区の乾重はさらに劣り、塩加区・無カリ区よりも有意に劣った。
、 (b) 生育途中のK2O吸収については、全層施肥条件では処理区間差はなかったが、分施条件では硫加区・塩加区のK2O吸収量が有意に多く、けい酸加里区のK2O吸収量は最も劣った。生育途中のCl吸収については、全層施肥・分施条件にかかわらず塩加区のCl含有率・吸収量が最も多かった。
、 (c) 収量については、全層施肥条件では、根中糖分・根重・糖量等いずれの調査項目にも処理区間差はなかったが、分施条件ではけい酸加里区の根重が他の区に対し有意に劣り、対照区(硫加区)に対し根重で14%、糖量で11%減収する結果となった。
、 (d) 収穫時のK2O吸収については、農試試験の全層施肥条件においてけい酸加里区のK2O吸収量が有意に多かったが、その他に差は見られなかった。収穫時のCl吸収については、全層施肥・分施条件にかかわらず塩加区のCl含有率・吸収量が最も多かった。
、 (e) 分施条件における生育途中の株間土壌のECはけい酸加里区が0.2 mS/cmで硫加区の0.4 mS/cmよりも有意に低かった。収穫跡地土壌における土壌Clの残存量は1.7〜3.0mg/100gと少なく、処理区間の差はなかった。
研究分担生産環境グループ
予算区分受託
、(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030176989
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat