ケルセチン・イソフラボンの生活習慣病予防機能の科学的エビデンス強化と農産物の含有率向上

ケルセチン・イソフラボンの生活習慣病予防機能の科学的エビデンス強化と農産物の含有率向上

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
、H23〜25
年度2011
概要 a 試験目的:ケルセチンを高含有するたまねぎ系統・品種の選定と、イソフラボンを高含有する大豆品種・系統の選定並びに栽培方法を検討する。
、 b 試験方法:
、 (a) たまねぎ:北農研センター並びに北見農試育成系統と民間育成品種のケルセチン含量を測定した。また、播種時期と移植時期との組合せや、窒素施肥量を変えたサンプルのケルセチン含量を測定した。
、 (b) 大豆:十勝農試育成系統並びに現行品種のイソフラボン含量を測定した。また、カリ施肥量や播種時期を変えたサンプルのイソフラボン含量を測定した。
、 c 成績の概要:
、 (a)たまねぎ:北農研センター育成系統「月交24号」のケルセチン含量が最も高かった。播種時期が標準より遅く、移植時期が標準より遅い組合せのケルセチン含量が高かった。施肥によるケルセチン含量の増減には、一定の傾向が認められなかった。
、 (b)大豆:現行の高イソフラボン品種「ゆきぴりか」の含量が最も高かった。カリ施肥量並びに播種時期によるイソフラボン含量の増加は認められなかった。
研究分担地域技術グループ
予算区分受託
、(大学)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030177022
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat