操業情報共有による北海道マナマコ資源の管理支援システム開発とガイドラインの策定

操業情報共有による北海道マナマコ資源の管理支援システム開発とガイドラインの策定

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構水産研究本部稚内水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜24
年度2011
概要北海道のマナマコ漁業の操業情報を漁業者間で共有することで、漁業者による自主的な資源評価と資源管理を実現し、北海道のマナマコ資源を維持、回復させることを目的に、漁業者による操業情報の送信からマナマコ資源評価結果の配信までを自動化するマナマコ資源管理支援システムの開発と、北海道初となるマナマコ資源管理ガイドラインの策定を目標とする。
研究分担調査研究部
予算区分受託(国)
業績(1)漁業情報を用いた北海道北部沿岸域におけるマナマコの資源量推定
(2)北海道北部沿岸域におけるなまこけた網の漁獲効率の推定
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030177228
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat