サクラマスの自然再生産資源の造成研究

サクラマスの自然再生産資源の造成研究

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構水産研究本部さけます・内水面水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2011
概要自然再生産資源に関して、種苗放流による造成効果や魚道設置等の環境改善による回復過程を解明する。
研究分担さけます資源部
、内水面資源部
、道南支場
予算区分道単
業績(1)Effects of smolt size and timing of migration on recovery rate of wild masu salmon Oncorhynchus masou.
(2)北海道におけるサケ自然産卵個体群の分布
(3)標識魚の遡上状況から見た北海道尻別川水系内でのサクラマスの母川回帰
(4)群別川、毘砂別川および濃昼川におけるサクラマスの産卵床分布
(5)越冬期の微生息環境がサクラマス幼魚の生残率に与える影響
(6)渓流域におけるサクラマス幼魚の越冬に適した微生息環境の分布特性
(7)見市川におけるサクラマスの河川遡上と自然再生産の現状について
(8)北海道日本海側のサクラマススモルトの回帰率の変動要因について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030177253
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat