トドマツ人工林資源の持続的・安定的利用を目指した新たな施業指針の確立

トドマツ人工林資源の持続的・安定的利用を目指した新たな施業指針の確立

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林業試験場(森林研究本部を含む)
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜25
年度2011
概要目的:トドマツ人工林資源の持続的・安定的利用を可能にするため,成長データなどを収集・分析し量的な収穫予測技術を改善するとともに,長伐期化など多様な施業方法やトドマツの材質を劣化させる根株腐朽の対策を組み入れた,新たなトドマツ人工林施業指針を開発する。
、計画:(1)多様な施業に対応可能な収穫予測手法の開発、(2)根株腐朽被害の影響調査
研究分担経営G
予算区分道単
業績(1)カラマツおよびトドマツ人工林の立木密度の地域による差異
(2)北海道における有用材・良質材生産のための森林造成・保育技術の研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030177319
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat