コスト低減に配慮したブナ林の再生技術の高度化

コスト低減に配慮したブナ林の再生技術の高度化

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林業試験場(森林研究本部を含む)
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜23
年度2011
概要目的:質・量ともに劣化した北海道南西地域のブナ林再生をコスト低減に配慮しつつ効果的・確実に行い、道内地域特有の豊かな自然環境を創出するため、先行地拵法と大苗植栽法という、従来技術を補完するブナ林再生技術の高度化をめざす。
、計画:(1)先行地拵法の有望性を補強する試験と調査、(2)大苗植栽によるブナ再生技術の検討
研究分担道南支場
予算区分道単
業績(1)堅果の豊作直前に行った掻き起こしにより発生したブナ実生の14年間の成長と生残過程
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030177320
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat