菌根性きのこ感染苗作出技術の開発

菌根性きのこ感染苗作出技術の開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜27
年度2011
概要○研究目的
、 北海道の森林(トドマツ人工林等)でのマツタケの林地栽培を目指して、感染苗の作出技術を開発し移植技術を検討する。
、○期待される成果
、 マツタケ未発生の人工林へマツタケの導入が可能になることで、従来の採取だけの産業から育てる産業への転換が図られると同時に、安定的な発生を可能として産地化することにより、加工業や流通、さらには観光などの面から山村地域の活性化が期待される。
研究分担微生物グループ
予算区分道単
業績(1)北海道のマツタケ:資源の概要と特徴
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030177370
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat