カラマツ大径材による建築用材生産技術の検討

カラマツ大径材による建築用材生産技術の検討

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜23
年度2011
概要○研究目的
、 今後生産量の増大が予想されているカラマツ大径材を品質と性能の確かな建築用材として安定供給するための生産技術を検討することにより、付加価値の高い建築用製材の需要拡大を図るとともに、道内木材産業等の競争力強化に寄与する。
、○期待される成果
、 健全な森林を育成と、伐採と植林を繰り返していく循環利用の確立、道内の木材産業等の競争力強化への貢献が期待される。
研究分担生産技術グループ
予算区分道単
業績(1)木材の適切な乾燥方法と木造住宅に生じる不具合事例
(2)カラマツ大径材による建築用材生産技術の検討−人工乾燥技術の差異と比較−
(3)乾燥材の強度と割れの関係について
(4)北海道産カラマツ大径材による建築用材生産技術の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030177376
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat