畜舎の木造化推進に向けた低コスト・高品質な構造材開発の検討と木造畜舎の経済・環境評価

畜舎の木造化推進に向けた低コスト・高品質な構造材開発の検討と木造畜舎の経済・環境評価

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜23
年度2011
概要○研究目的
、 構造材を低コストで高品質に仕上げる乾燥手法の開発、マニュアル化を行うためのデータ収集、および畜舎のライフサイクルコストおよびライフサイクルアセスメント、経済波及効果の検討、畜舎内環境および牛の快適性評価のためのデータ収集を行い、木造畜舎の優位性を明らかにするための基礎資料作成につなげる。
、○期待される成果
、 効率的な大断面構造材の乾燥方法や、その研究成果による割れ・狂いの低減効果を数値化するための基礎資料を得る。加えて、木造畜舎のイニシャルおよびランニングコスト・経済波及効果などの経済性、二酸化炭素排出量・貯蔵量などの環境性、畜舎内の温湿度および家畜のストレス量などの快適性の基礎データを収集する。
研究分担生産技術グループ
予算区分受託(民間)
業績(1)地域材の利用に向けて〜酪農王国北海道にもっと木造畜舎を〜
(2)畜舎への木材利用について〜乾燥材生産の視点から〜
(3)木造および鉄骨造畜舎のLCC,LCA,経済波及効果に関する一考察
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030177378
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat