8 個性豊かな新系統を活用した“りんご品種のトータルプロデュース” 、 2)品種特性を活かした高付加価値商品の開発 、 (2) 試食アンケート調査の結果

 8 個性豊かな新系統を活用した“りんご品種のトータルプロデュース” 、 2)品種特性を活かした高付加価値商品の開発 、 (2) 試食アンケート調査の結果

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜23
年度2011
概要目的:ターゲットとなる消費者と有効な販売ルートを把握するため、本年度は試食アンケート調査を実施した。

、成果:青り24号、25号とも、酸味を好む消費者には概ね好評であった。また、青り24号では、食味だけでなく、「緑色」外観に対する消費者の関心も高いことがわかった。青り25号は、酸度の低い果実では、一般品種との差別化が難しい可能性が示唆された。また、約7割以上の回答者が減農薬栽培に興味を持っていたことから、青り25号の販売戦略としては、この付加価値付与が重要であると考えられた。両系統ともクッキングにも向くと回答していることから、販売の際には、生食以外の利用方法についても情報発信することが、重要であると考えられた。
研究分担品種開発部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030177672
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat