10 特産果樹の需要拡大を図る高品質果実の生産・貯蔵技術の開発 、1)セイヨウナシ‘ゼネラル・レクラーク’及びブドウ‘サニールージュ’の高品質生産・長期貯蔵技術の開発 、(2) ‘サニールージュ’の高品質果実の生産・長期貯蔵技術の開発 、 イ 高品質果実の生産技術の開発 、 (ア) 着粒密度低減による摘粒の省力化 

 10 特産果樹の需要拡大を図る高品質果実の生産・貯蔵技術の開発 、1)セイヨウナシ‘ゼネラル・レクラーク’及びブドウ‘サニールージュ’の高品質生産・長期貯蔵技術の開発 、(2) ‘サニールージュ’の高品質果実の生産・長期貯蔵技術の開発 、 イ 高品質果実の生産技術の開発 、 (ア) 着粒密度低減による摘粒の省力化 

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜25
年度2011
概要目的:‘サニールージュ’は摘粒作業に多くの労力がかかる。そこで摘粒作業の省力化を図るため、開花前にジベレリン処理を行い、穂軸を伸長させ、着粒密度を低減させた場合の花穂整形や摘粒の時期及び方法について検討する。

、成果:満開13〜18日前にフルメット液剤3ppmを加用したジベレリン25ppmで花房浸漬処理及び満開10日後にジベレリン25ppmで果房浸漬処理することで、花穂長が伸長し、満開日が3日早まった。2回目のジベレリン処理前に先端軸長6〜7cm程度の支梗を残すことで摘粒作業を省力化でき、目標の果房重となり、熟度がやや早まり果実品質も概ね良好であった。本年は果粒の肥大が良好であったため、従来の先端軸長8cm程度の整形では過大な果房となった。
研究分担県南果樹部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030177682
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat