ほたてがい高水温被害回避対策事業

ほたてがい高水温被害回避対策事業

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜25
年度2011
概要目的:養殖漁場内の水温・潮流等の推定方法を確立するほか、高水温の被害を受けにくいホタテガイ増養殖技術を開発する。
、成果:平成22年の異常高水温時にへい死被害の大きかった沿岸3地区の養殖施設に観測機器を設置してデータを収集し、陸奥湾海況自動観測システム(通称ブイロボット)のデータとの関係を解析した。また、同じ施設で養殖したホタテガイの成育状況を調査して、漁場環境との関係を明らかにした。さらに、夏季高水温時に稚貝を効率的に保存するため方法を明らかにした。
研究分担ほたて貝部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030177799
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat