耐塩性作物による早期経営改善対策

耐塩性作物による早期経営改善対策

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜25
年度2011
概要目的: 耐塩性作物の導入による早期経営改善と効果的な塩害対策による産地の復興支援のために,耐塩性作物の検索や塩分・海水流入土壌の作物への影響を把握するとともに,塩害対策の検討と現地における生育の確認を目的とする。 期待される成果:
、(1)耐塩性作物が選定され、それらの耐塩性の程度と栽培特性が把握される。
、(2)塩分や海水流入土壌が園芸作物の生育に及ぼす影響が明らかととなる。
、(3)海水流入土壌において、耕種的方法を用いた作物の生育改善効果が明らかとなる。
、(4)現地において、除塩処理後の施肥方法が明らかとなる。
研究分担園芸栽培部
予算区分国庫補助
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178028
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat