飼料用トウモロコシの耕耘畦立て播種技術の現地実証

飼料用トウモロコシの耕耘畦立て播種技術の現地実証

県名宮城県
研究機関名宮城県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2011
概要目的:湿害対策用に開発された耕うん同時畝立て播種機による飼料用トウモロコシ栽培地実証を行い,単作及び二毛作条件下での耕うん同時畝立て播種技術を体系化する。
、成果:梅雨後も雨が少なかったため湿害が明確でなく、生育・収量に大きな差は見られなかった。肥料性状の違いが収量への影響を検討したところ初期成育量確保に有効な速効性肥料に効果が見られた。
研究分担草地飼料部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178062
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat