ナラ類集団枯損被害の被害拡大防止手法の確立に関する研究

ナラ類集団枯損被害の被害拡大防止手法の確立に関する研究

県名宮城県
研究機関名宮城県林業技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H24〜26
年度2011
概要「カシノナガキクイムシ発生予察データ」,「ナラ枯れ被害予測図」,「ナラ枯れ防除歩掛かり表」を整備するとともに,集合フェロモンを活用した被害先端地におけ る面的防除技術を開発し,ナラ枯れの効果的な防除手法の確立を目指す。
研究分担企画管理部
予算区分県単
業績(1)オオイチョウタケ栽培跡地におけるイヌドウナの生育状況
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178073
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat