漁場環境保全推進事業(内水面)

漁場環境保全推進事業(内水面)

県名宮城県
研究機関名宮城県水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間H22-26年
年度2011
概要目的:内水面の漁場環境保全を図るため,定点における生物モニタリング及び水質調査を行う。 成果:(1)鳴瀬川において水質環境調査を年6回行った結果,概ね水産用水基準を満たした。また,生息魚類, 底生生物,付着藻類等の生物モニタリング調査における出現生物から,鳴瀬川の漁場環境は良好であると判断された。(2)広瀬川において投網によりアユ遡上状況を調査した結果,本年度のアユ遡上量は津波の影響により,極めて低水準であったと考えられた。
研究分担内水試
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178096
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat