沿岸養殖業安定化対策災害復旧事業

沿岸養殖業安定化対策災害復旧事業

県名宮城県
研究機関名宮城県水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間H23年
、(震災対応)
年度2011
概要目的:  東日本大震災により,本県養殖業は甚大な被害を受けた。養殖業の復興には,種苗の確保が最重要課題であるが,養殖群のほとんどを失った状態では,通常の採苗時の調査に加えて,よりきめ細かい幼生の動向把握が必要である。このため本事業では,カキ幼生にかかる調査を通常の調査点に加えて松島湾,万石浦,志津川湾及び気仙沼湾についての調査を,また,ホヤに関しては鮫浦湾,雄勝湾,志津川湾及び気仙沼湾に関して幼生調査を実施することで,天然採苗の安定化に資する。
、加えて,本年度は震災の影響で,初期投資が比較的かからないワカメ養殖への着業者が増加し,養殖範囲が広くなり,中部海域でも栄養塩や病傷害の発生状況などの調査が必要である。従って,本事業では,これら海域における調査を実施し,ワカメ養殖の安定化に資する。 成果:
、1県中南部海域における種がき関連調査を行い、調査結果を養殖通報して14回発行し関係者に周知を図った。   2県北部海域における種がき採苗調査を行い、調査結果を養殖通報して10回発行し関係者に周知を図った。   3県中部海域におけるマボヤ採苗調査を行い、調査結果を養殖通報として11回発行し関係者に周知を図った。 4県北部海域におけるマボヤ採苗調査を行い、調査結果を養殖通報して発行し関係者に周知を図った。 5県中部海域におけるワカメ地種の採苗は順調であった。松島湾内では12月中下旬より急激な、水温、栄養塩濃度低下し、色調の低下、病害の発生が見られた。
研究分担養殖生産部
予算区分県単
業績(1)東日本大震災後の種ガキ生産について(ノート)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178110
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat