地域内有機質資源のフル活用による持続的農業生産技術の推進

地域内有機質資源のフル活用による持続的農業生産技術の推進

県名秋田県
研究機関名秋田県農林水産技術センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(H24)〜(H28)
年度2011
概要目的:水稲・野菜等で、地域内有機資源を活用し、農地の生産力維持・増進を図り、また、施肥効率の向上による環境負荷軽減や生産物の量・質を低下させない持続的な農業生産技術を確立させる。
、計画:(1) 堆肥の肥効特性の解明
、(2) 持続的生産技術の確立 成果:1)苗箱施用化学肥料と有機資材の組合せにより、570kg/10a以上の収量を確保し、有機資材の特性や土壌への影響を明らかにした。2)畜種が異なる堆肥施用により生育や収量、作物体の窒素吸収に差が生ずること、堆肥主原料の違いにより、土壌の化学性(P,K)に影響することを明らかにした。
研究分担生産環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178134
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat