べにばな若菜を主とした食用栽培技術及び染色用高品質加工技術の確立

べにばな若菜を主とした食用栽培技術及び染色用高品質加工技術の確立

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜25
年度2011
概要 食用への利活用として、(1)紅花若菜の安定生産技術の確立(2)特性をふまえた利用法の検討等を行うとともに、染色用途の加工品ついては、品質のバラツキが指摘されているため、適切で効率的な高品質加工技術を確立する。
、 紅花若菜の生産技術を確立するため、脇芽利用や冬期間栽培について検討した。また、ベニバナ炭疽病に対する高畝処理およびマルチ処理の防除効果を調査したところ、高畝およびマルチ処理は栽培初期における保菌率の低下に効果が認められたが、発病および発病程度の抑制効果は見られなかった。
、 染色用途の高品質加工技術については、横型餅練機を用いた場合の搗きの回数や、花ねせ開始時に搗いたものと花ねせ終了時に搗いたものの比較、花ねせの温度と日数、中振りの方法(水浸漬区と流水区)を変えて試験を行い、色調や赤みの違い等の知見を得た。また、原料花弁を冷凍すると、中振り時に黄色素が流出しやすくなり、花ねせ時の花弁は赤色化が促進された。紅餅の色調は、中振り1hrでは冷凍の方が鮮やかな色調となるが、中振り24hrでは冷凍の有無で大差はみられなかった。
研究分担農産加工開発部
予算区分県単
業績(1)乾燥機の利用が染色用紅花加工品の品質に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178258
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat