地球温暖化に対応した果樹・野菜・牧草・林木の適応性調査

地球温暖化に対応した果樹・野菜・牧草・林木の適応性調査

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2011
概要 温暖化の進展に伴い新たな品目を探索するため、香酸カンキツと甘柿を導入し、栽培可能性について検討した。カンキツでは冬季寒冷紗被覆しなかった樹では寒害でで枯死するものが多かった。また、モモ、スモモについては、夏の高温障害を回避するため晩生の5品種について品種特性を明らかにした。 暖地由来の海老芋及び九州・沖縄地方を中心に栽培されているさつまいもの「安納3号」は十分に栽培可能であった。
研究分担果樹部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178269
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat