園芸作物奨励品種決定調査

園芸作物奨励品種決定調査

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜
年度2011
概要 果樹基本調査では、「秋陽」は、JM1、JM7、マルバ台とも定植5年目では10aあたり2t程度の収量がえられた。ぶどうでは、3系統5品種について調査検討し、2品種は終了、6系統・品種は継続と判断した。また、りんごでは17品種・系統について調査検討し、1品種は終了、残りの16系統・品種は継続と判断した。
、 りんどう「山園G15号」について、基本調査および現地調査を実施した。本年は定植1年目で、評価は平成24年度になる。
研究分担果樹部
予算区分県単・
、受託
、(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178279
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat